小倉祇園太鼓

小倉祇園太鼓

会員専用
グッズ紹介
写真コンテスト公募

平成29年度日程

打ち初め式
7月1日(土) 19時/JR小倉駅
宵祭
7月14日(金)
第70回競演大会
7月15日(土)15時30分/小倉城大手門前広場
第29回据え太鼓競演会
7月16日(日)11時/小倉城大手門前広場
第43回太鼓広場「廻り祇園」
7月16日(日)18時30分/小文字通り

お知らせ

小倉祇園太鼓とは

小倉祇園太鼓(こくらぎおんだいこ)は福岡県北九州市の中心部である小倉で400年近く続いている「国選択無形民俗文化財」に指定された祇園祭である。小倉城を築城した細川忠興公が、城下の無病息災と城下町繁栄を願い、元和3年(1617年)に京都の祇園祭を模して始めたとされる。江戸時代は八坂神社の神幸行事としての「廻り祇園」が中心で、各町内が笛、鼓(つづみ)、鉦(かね)をはじめ、山車、傘鉾、踊車、人形飾り山などの出し物を、町内単位で披露していた。明治、大正時代を経て、山車の前後に太鼓を載せる現在の形となった。全国的にも珍しい太鼓の両面かつ歩行打ちが特長で、太鼓、ヂャンガラ(摺り鉦)、山車をひく子どものお囃子による一つとなった音の調和がすばらしい太鼓祇園である。

歴史
打法
お囃子
国選定無形民俗文化財とは

動画で見る小倉祇園太鼓

祭り紹介

行事の流れ

  • 打ち初め式・山鉾すす払い
  • お潮井取り
  • 宵祗園・ご神幸
  • 競演大会・ご還幸
  • 据え太鼓競演会・太鼓広場
  • 大狐落とし

祭りの流れ

打ち初め式
打ち初め式
競演大会
競演大会
据え太鼓競演会
据え太鼓競演会
太鼓広場
打ち初め式
据え太鼓披露会場
据え太鼓競演会
おもてなし太鼓
競演大会
歴代祭り結果

小倉祇園太鼓保存振興会

小倉祇園太鼓保存振興会には2017年3月末現在、127団体が加盟している。一団体を一会員として、全会員が祭りの企画、運営に携わっている。

会長挨拶
組織図
心得
団体紹介

上へ