令和4年度小倉祇園太鼓行事の説明 | 小倉祇園太鼓|福岡県北九州市

お知らせ.

令和4年度小倉祇園太鼓行事の説明

3年ぶりの復活
 コロナウイルス感染拡大で2年連続の中止を余儀なくされた小倉祇園太鼓ですが、今年は3年ぶりに復活です。小倉祇園太鼓保存振興会では独自にコロナウイルス感染拡大防止ガイドラインを作りました。メインの行事は7月15~17日の3日間、三密回避のため時間短縮と規模縮小を図り、感染防止に努めます。どうぞご理解をお願いします。

7月1日から
 行事は7月1日の「山鉾すす払い」「打ち初め式」から始まります。山鉾すす払いは小倉北区役所にある大門町の山鉾を町内の人々が磨き上げます。
打ち初め式は例年通り1日19時より小倉駅小倉城口ペデストリアンデッキ実施されます。各団体の参加者を7名まで、太鼓1台として三密回避を徹底します。

初の試み「太鼓総見」
 メインの競演大会、据え太鼓競演会はできませんが、「太鼓総見」と銘打って自慢のバチさばきを披露します。16日16~18時が少年組、17日16~18時が大人組と、小倉城大手門前の特設会場で開催します。市民の皆さんも無料で観覧できます。詳しくは太鼓総見実施要領をご覧ください。

地域ごとの太鼓広場へ
 フィナーレを飾る「太鼓広場~廻り祇園」は、地域ごとの「太鼓広場」として装いを新たに実施します。6月10日時点で、下記の会場準備が進んでいます。
①米町校区太鼓広場
日時-7月17日19~20時
場所―ちゅうぎん通り
②西小倉駅前太鼓広場
日時-7月17日19~20時
場所―西小倉駅前
③堺町・天神島校区太鼓広場
日時-7月17日19~20時
場所―堺町公園
④日明校区太鼓広場
※詳細を調整中
⑤木町・高田町・吉野町・原町太鼓広場
※詳細を調整中

太鼓披露、体験も
 7月15~17日19~21時にはリバーウォーク、市庁舎周辺で、恒例の据え太鼓チームによる「披露会場」が実施されます。おもてなし太鼓の時間も設けますので太鼓体験ができます。
小倉北区役所と保存振興会が共同で「おもてなし太鼓」を実施します。市民や観光客の方に、太鼓演奏を体験してもらう場を設けます。7月16、17日、小倉駅小倉城口ペデストリアンデッキ、ちゅうぎん通り、堺町公園、西小倉駅前で実施される予定です。

 

 

 

 

 

 

 

上へ