小倉祇園太鼓

小倉祇園太鼓

会員専用
グッズ紹介
写真コンテスト公募
ぎおん風電子版
太鼓派遣をご希望の方へ

団体紹介

魚町二丁目町内会

魚町二丁目町内会です。祭りの始まりとほぼ同時期に祭りに参加。
現在の町内の形は、昭和23年に2丁目と旧3丁目が統合されて一つの山車となり現在に至る。
黄金に輝き羽ばたく鳳凰の山車は、小倉祇園の伝統を再現すべく昭和57年に郷土史家 米津三郎氏の歴史検証を基に再現された「鉾山車」。
魚町二丁目町内会は、伝統と文化を守り次の世代へと継承すべく勤めて参ります。

紺屋町三・四丁目

紺屋町筋は江戸時代の安政3(1856)年に作られた山鉾(一本柱万度型山車・福岡県指定有形民俗文化財)を持つ伝統ある町内です。この山鉾は現存する5基の中で最も古く、昭和50年初頭まで巡行していました。祭り二日目の競演大会には、この山鉾の後に5町内の太鼓山車が連なって出場していました。現在は2町内だけとなりましたが、国の重文指定を受け、紺屋町三四丁目の太鼓芸を継承する意義をかみしめています。
昭和34(1959)年に新調した太鼓山車は、木枠に50個の丸提灯と5個の長提灯を吊り下げた「提灯笹飾り型」です。それを一度も変更することなく、現在まで受け継いでいます。これからも先人たちが残してくれた伝統ある太鼓祇園を、後世に伝えていきます。

片野会

私たち片野会は、片野四丁目町内太鼓を前身とし、男ばかりの据え太鼓チームとして独立して早20年あまりが過ぎました。少ない人数ではありますが、新たなメンバーも加わり、「小倉で一番」を合言葉にハードな練習に明け暮れています。「正しく叩いて音を出す」という小倉祇園太鼓の基本を忠実に受け継ぎ、支えてくださった多くのお客様への感謝を込め、今後も精進いたしますので、よろしくお願い致します。

金田第一町内会

金田第一町内会は小倉城から南西に1㎞ほどに居を構える団体です。
未来の「おぎおんさん」を担う子どもたちには、太鼓の叩き方の指導に留まらず、日頃の挨拶の仕方やお祭りの歴史・楽しさなどを積極的に伝えています。

香春口第六町内

年々、子供の数も増え、重い銅の屋根の山車を引く姿も、頼もしくなってきました。
毎日一生懸命練習し、小倉祇園太鼓の伝統を受け継ぐ子供たちと共に頑張って行こうと思います。

九州電力

小倉祇園太鼓山車会員の九州電力です。私たちは昭和63年に「大阪町東」町内会として参加し、現在は一般の部の「九州電力」として祭りに参加しています。地域の皆さまと一緒に、伝統ある祭りを正しく次世代へ継承していくように、これからも精進してまいります。

新京町・旭町町内会

小倉駅小倉城口西側の町内会です。山車は昭和28年に製作、町内の居住者の減少が進み、旧旭町と合同で新京町・旭町町内会として祭りに参加しています。ゆかたに変わり、気持ちもあらたに、「品格のある小倉祇園祭」伝統太鼓芸を伝承し、子供達が楽しめる祭に取り組んでいます。

鳥町四丁目

現在は町内会としてのみ名前が残る鳥町四丁目は、魚町サンロード商店街を中心とした団体です。鎧武者の山車は観客にも好評です。

馬借五丁目町内会

永きに渡り町内行事として小倉祇園太鼓に参加、今日に至っている。また古くから神幸祭の御旅所の当番として、歴史的にも裏付けされた経緯からして、今後も先輩たちが築いてきた背景を基に普遍性を追求していくものとする。
小倉祇園祭の発展、普及のため、正当な打法を継承し、且つ品格のある祭を主催する。 小倉祇園は神事の一環として起源した祭礼であり、特に町内は、上述のように、神幸祭に係わった町内であることから、天狗の印を使用することが許されている。
参加者は、国選択無形文化民俗文化財「小倉祇園太鼓」の伝承者であることを自覚し、その品位を保つように努めている。
会員募集中!!

古船場一・二丁目町内会

関ヶ原の合戦以降、宮津より中津にお国替えになった細川公が交通の要衝として小倉城を築いた。その内水面の船着場こそ名前となっている古船場町である。安政4年(1857)作の玉鉾(福岡県有形文化財指定)を有し、明治時代にも神幸還幸行事に参加する22町内会の一つとして記録されている。町内の紋は「鍵印」。年に一度のお城入りとなる小倉祇園祭に、大手門を開け閉め役を担った印と言い伝えられている。 北九州市制初年度(1963)作の銅吹き屋根に廻り舞台の現在の山車は宇佐神宮の関連大工に依頼した。当時よりの伝統を守り、安全祈願祭・通夜祭・敷地祓い・筋提灯・大揃い・狐落とし等の諸行事を名称共々継続している。太鼓の叩き方は「一色流」、元祖町内として多くの優勝経験を誇る。少子高齢化やドーナツ化にいち早く着目し「祭り人」たる町外の参加者とは、町内からは伝統、祭り人からは人材、と双方の持つ利点を交差させている。ここ数年は140名前後の参加者が町内を支え、祇園祭以外の年中行事として、年越し餅つき(菅原神社)・道作り(妙見神社花見)等の催事で将に異業種交流会的な三世代を形成している。活動の拠点は、菅原神社を含めた古船場通り界隈である。

古船場町四・五丁目町内会

古船場4・5丁目町内会です。祭りの歴史とともに歩んできた町内会です。今の山車は大正15年からので、何年かおきのメンテナンスと毎年、手を加えてここまできました。今年も伝統を重んじ、地域に根付くように継承していきたいと思います。

紫会

紫会は、発足して30年を迎えようとしています。結婚式などの門出のお祝いや国内外の遠征先での太鼓披露を通して、様々な方とのふれあいやめぐりあいを大切にすることで親睦を図っています。
平成25年度据え太鼓競演会では優勝することができました!感謝の気持ちを忘れず、心に響く・感動を与えられるような演奏を行っていきたいと思っています。

上へ