小倉祇園太鼓

小倉祇園太鼓

会員専用
グッズ紹介
写真コンテスト公募

団体紹介

魚町二丁目町内会

魚町二丁目町内会です。祭りの始まりとほぼ同時期に祭りに参加。
現在の町内の形は、昭和23年に2丁目と旧3丁目が統合されて一つの山車となり現在に至る。
黄金に輝き羽ばたく鳳凰の山車は、小倉祇園の伝統を再現すべく昭和57年に郷土史家 米津三郎氏の歴史検証を基に再現された「鉾山車」。
魚町二丁目町内会は、伝統と文化を守り次の世代へと継承すべく勤めて参ります。

米町一丁目

米町(こめまち)一丁目は、旧米屋町(現在の京町一丁目の一部)が範囲となっている町内会です。昭和31年に旧宝町町内会、昭和41年に旧米町二丁目町内会と一緒になり、現在のようなひとつの山車になりました。米一(こめいち)の愛称で親しまれ、大きく実った稲穂に米一の文字が町紋です。山車は、御社型(土台部分:昭和33年作、飾り部分:昭和52年作)で、天界に向かう四隅の反り、銅版屋根、そして平成6年(1994年)平安建都1200年祭(京都市)で頂いた大きな御幣が特徴です。小倉祇園祭との関わりは古く、文献にも町名が出てくるほか、平成26年(2014年)には、小倉祇園祭に関する現存資料では一番古いと思われる、安永9年(1780年)製の小太鼓が町内の住宅から見つかりました。一方で、様々な工夫を凝らしたハチマキや浴衣、オリジナル扇子の製作など、新しさも取り入れるチャレンジ精神にあふれた風土があります。

金田第一町内会

金田第一町内会は小倉城から南西に1㎞ほどに居を構える団体です。
未来の「おぎおんさん」を担う子どもたちには、太鼓の叩き方の指導に留まらず、日頃の挨拶の仕方やお祭りの歴史・楽しさなどを積極的に伝えています。

香春口第六町内

年々、子供の数も増え、重い銅の屋根の山車を引く姿も、頼もしくなってきました。
毎日一生懸命練習し、小倉祇園太鼓の伝統を受け継ぐ子供たちと共に頑張って行こうと思います。

九州電力

小倉祇園太鼓山車会員の九州電力です。私たちは昭和63年に「大阪町東」町内会として参加し、現在は一般の部の「九州電力」として祭りに参加しています。地域の皆さまと一緒に、伝統ある祭りを正しく次世代へ継承していくように、これからも精進してまいります。

新京町・旭町町内会

小倉駅小倉城口西側の町内会です。山車は昭和28年に製作、町内の居住者の減少が進み、旧旭町と合同で新京町・旭町町内会として祭りに参加しています。ゆかたに変わり、気持ちもあらたに、「品格のある小倉祇園祭」伝統太鼓芸を伝承し、子供達が楽しめる祭に取り組んでいます。

鳥町四丁目

現在は町内会としてのみ名前が残る鳥町四丁目は、魚町サンロード商店街を中心とした団体です。鎧武者の山車は観客にも好評です。

古船場町四・五丁目町内会

古船場4・5丁目町内会です。祭りの歴史とともに歩んできた町内会です。今の山車は大正15年からので、何年かおきのメンテナンスと毎年、手を加えてここまできました。今年も伝統を重んじ、地域に根付くように継承していきたいと思います。

馬借五丁目町内会

永きに渡り町内行事として小倉祇園太鼓に参加、今日に至っている。また古くから神幸祭の御旅所の当番として、歴史的にも裏付けされた経緯からして、今後も先輩たちが築いてきた背景を基に普遍性を追求していくものとする。
小倉祇園祭の発展、普及のため、正当な打法を継承し、且つ品格のある祭を主催する。 小倉祇園は神事の一環として起源した祭礼であり、特に町内は、上述のように、神幸祭に係わった町内であることから、天狗の印を使用することが許されている。
参加者は、国選択無形文化民俗文化財「小倉祇園太鼓」の伝承者であることを自覚し、その品位を保つように努めている。
会員募集中!!

紫会

紫会は、発足して30年を迎えようとしています。結婚式などの門出のお祝いや国内外の遠征先での太鼓披露を通して、様々な方とのふれあいやめぐりあいを大切にすることで親睦を図っています。
平成25年度据え太鼓競演会では優勝することができました!感謝の気持ちを忘れず、心に響く・感動を与えられるような演奏を行っていきたいと思っています。

上へ